AdSense Manager-googleアドセンスコードを簡単に設定できるプラグイン

AdSense Manager

AdSense Managerはgoogleadsenceのコードを埋め込んでくれるプラグインとなります。サイドバーや記事内に規定のコードを貼り付けるだけで自由な箇所へadsenceを貼ることができます。

AdSense Manageをインストール

word18-1

  1. AdSense Manageファイルのダウンロードする
  2. wordpress>プラグイン>『AdSense Manager』検索
  3. 新規追加で有効化にする

プラグインの設定

word18-7

word18-2

AdSense Manageインストール後『投稿』⇒『ad Units』画面から設定ができます。googleadsenceから取得してきたコードをそのままペーストして貼り付けて『import』をクリックします。

word18-3

ad unitsは、管理しやすい名前なら何でもOKです。Display OptionsをOKに変更するとアドセンスが反映してくれるようになります。終了するときはsaveボタンを押して保存します。

word18-4

保存が終われば、上記画像のように先ほど付けた名前が表記されます。

word18-5

投稿ページに記入した場合は、

のname部分を先ほどの名前に変更するだけです。この場合は、

でフッター用に用意したものとなります。

PHPに直接埋め込める場合

index.php、single.phpに直接埋め込みたい場合は、

を貼り付けるだけで終了です。先ほど同様にname部分を⇒『foot01』のように変更すれば反映されるようになります。

AdSense Managerまとめ

googleadsenceコードをwordpressにそのまま貼り付けることも可能ですが、不正クリックのイタズラや悪質な行為に危険性を避ける為にもこのようなプラグインが用意されております。

スポンサーリンク

良いと思ったら方はご協力お願いします!
SNSでシェアしてくれたら私は最高にうれしいです! follow us in feedly

PAGETOP