ブログを書いてアクセスを集めることに大切な法則とは?

blog

ブログを書くといっても何を書いていいのかわからないことって多くないですか?

テーマに絞った方がよいなんてことを気にされる人が多くいますよね。

ブログと言うものに本当にテーマなんて必要ですか?っと私は尋ねたくなる。

本来、ブログと言うものはためになる情報をお届けするためのサイトです。従って無理にジャンルを絞って書く必要なんてないということです。

絞らないといっても、根本的には絞っています。

大きくユーザを見てあげる

ブログと言うのはアクセスを集めてなんぼのものと言われています。1人でも多くの人に読書してもらうためには何が必要なのかと考えれば簡単です。

テーマを絞り過ぎないということです。

意識しすぎるとアクセスが増えないなんて悩みに陥いり辞めてしまうことの方が多いと言われています。

なので、関連する情報ならどんどん記事にして書いていくことがよいでしょう。

見る人にわかりやすく伝える

単純なようで難しい部分は、見る人にいかいに【面白い】ということを伝えれるかが勝負です。

もしくは、すごくためになるなんて情報を繰り出していけばよいのです。楽しいと思ってくれる情報は、見てくれた閲覧者さんが、シェアしてくれたりします。

シェアしたいってことは、それだけのページ内容が詰まっているからなんだという風に意識することが大切です。

タイトルをユニークにしてみる

タイトルタグは非常に大事な要素の一つです。

見出しが面白ければ、それなりに目を引きつけることができるのでできるだけユニークな表現や普通の言葉にしてみるとよいと思われます。

それだけでもある程度のアクセスが発生することになります。

スポンサーリンク

良いと思ったら方はご協力お願いします!
SNSでシェアしてくれたら私は最高にうれしいです! follow us in feedly

PAGETOP